複雑な成年後見制度、弁護士に相談を

成年後見制度と聞くと、法律にも関わる行政サービスのような感じもしますが、これは行政サービスというよりは、むしろ任意保険のような立ち位置に近く、もしもの時のために備えておくための制度です。それでは具体的に成年後見制度とはどのような制度なのか、見ていきましょう。

成年後見制度は、本人の判断力が病気等の理由によって欠けている社会的弱者の方を対象にした制度で、契約によって後見人をあらかじめ選んでおくと、後見人が本人に代わって財産の管理や賃貸借契約、相続の管理などを行う権利が与えられるというものです。よく示される例としては、たとえば認知症になってしまった高齢者が悪質な契約によって高額な商品を無理やり買わされることを予防するというものです。あらかじめ成年後見人制度利用していれば、本人が行った契約を見直したり破棄したりできるだけでなく、後見人が必要となる契約を結ぶことが可能となります。このように、判断能力の乏しい人を守るために制定された制度が成年後見制度となります。

しかし成年後見制度には欠点があるのも事実です。その内の1つが、制度を利用するまでの手間が非常に多いことです。法律の知識も必要になり、司法や行政との連携も必要になることから、手続きが煩雑になりがちですので、制度を利用する際には弁護士に相談することをおすすめします。当サイトでは成年後見制度を利用するまでの流れ、必要となる書類と費用についてご紹介していきます。