法定後見と任意後見

成年後見制度は、法定後見制度と任意後見制度の2つに分かれています。両者の違いは、判断力を有している内に自分で後見人を探すかどうかという点にあります。法定後見制度の場合は、既に判断力が欠けてしまっており、本人一人だけで契約を締結することができないような場合に利用されるのに対し、任意後見制度ではあらかじめ後見人を決めておき、認知症などの病気によって判断不能な状態になったら契約しておいた後見人に後を任せることになります。認知症やアルツハイマーなどは、初期段階であれば本人が正常に判断することが可能ですので、任意後見制度を利用するケースが多いという特徴があります。

法定後見人を選定するためには家庭裁判所に申し込みを行い、後見人の選任が必要となります。本人が誰に後見人をつとめて欲しいか希望を出すことは可能で、多くの場合、自分の子どもや兄弟、親戚といった親族内から選任されることになります。後見人の選定については任意後見制度も同様に家族や親類つとめることが多いという特徴があります。必要な手続きなどについては家族のみで決めるのではなく、法律の専門家でもある弁護士や司法書士などに相談した方がより確実でしょう。